シミを消す緑茶パックとは

緑茶パックはシミを消す効果があるといわれています。
緑茶にはクロロフィル、タンニン、カテキン、ビタミンCが多く含まれています。
シミはメラニン色素によってできるものですが、クロロフィル、タンニン、ビタミンCはメラニン色素によって黒ずんだ皮膚を元に戻す効果があります。シミだけでなく、くすみにも効果があり、美白効果が期待できます。
カテキンは殺菌効果があり、メラニン色素を抑制する効果があります。また、殺菌効果によってニキビや肌の炎症にも効果があります。

この緑茶成分を肌から吸収するものが、緑茶パックです。
無農薬の粉茶か、お茶をミキサーにかけたものを小麦粉と混ぜ、少量の水でクリーム状にしたものです。
肌に直接塗り、乾いてきたところで洗顔フォームなどを使い、洗い流せばOKです。
これだけでシミを完全に消すことは難しいですが、美白化粧品などと併用すれば効果が高まるでしょう。
パックの頻度は、週に二回くらいが目安です。

小麦粉を使うので、アレルギー体質の人は、まず目立たない場所にパッチテストをすることをお勧めします。
アレルギーではないけれど、皮膚が弱い、トラブルは無かったけど心配だと思う人も、同じくパッチテストをしてから顔に塗ることをお勧めします。
万が一肌に異常が出たら使用を中止して、皮膚科のお医者さんで診察してもらうようにしてください。

また、身体の中からも成分を取り込むという意味で、緑茶を飲む習慣をつけるのも良いかもしれません。

キミエホワイト

シミ消しにかかる料金について

将来の自分の肌のための日ごろの日焼け対策はとても重要です。なぜなら、若いころは日焼けを気にせず外で素肌で過ごしても、肌にシミはできにくいものですが、20歳を過ぎたあたりからできやすくなってしまうからです。とはいえ、普通に日常生活を送る中で毎日欠かさずに日焼け止めクリームを塗るというわけにはいかないこともあるでしょう。そして、シミは日焼けだけが原因とは限らないため、毎日日焼け止めクリームを塗ることを怠らずにいたとしても、シミができてしまう場合はあります。できてしまった場合は適切な商品を塗り続けていれば小さな程度なら消えることもありますが、それなりの大きさの場合は消えることは難しいかもしれませんが薄くはなります。効果はシミの大きさや状態次第でどのくらいの月日が掛かるかは変わってきますが、塗った数日後にもう消えた、薄くなった、という程簡単には消えません。完全に消えることが難しいシミにはレーザー治療を利用するのが確実です。レーザー治療料金は消して安くはないですが、ドラッグストア等で売られているちゃんと効く商品も実は結構な値段がかかり、継続的な購入が必要になるため、結局のところ料金の差はさほど大きくなくなってきます。シミができてしまったら早めの対策が必要になるため、確実に消えると言う保証のない市販のシミ消し商品を塗り続けるよりはレーザー治療の方が多少の料金差はありますが、確実で手っ取り早いでしょう。

メイクでシミを消したい人にはコンシーラーを

ベースメイクでうまくシミを消したい、でもファンデーションの厚塗りになるのは避けたい、そんな時にはコンシーラーがお役にたちます。まずスキンケアの後、クリームやリキッドタイプのファンデーションの場合は先に顔に伸ばしてから、パウダリーの場合はファンデーションを付ける前に、気になる部分にコンシーラーをなじませて行きます。
シミやソバカスが気になる場合には、ファンデーションと同じ色か、あるいはワントーンほど暗めの色のコンシーラーを選んでください。これは、明るい色、白っぽい色だとそこが浮いてしまい、かえって目立ってしまうからです。タイプは、ペンシル型やスティック状の硬めのものが、カバー力がかなり高いのでいいでしょう。これでシミやソバカスをピンポイントで消して行きます。くれぐれもべったりした感じにならないよう、指先やブラシ、チップなどに適量を取って、叩き込むようにしてつけてください。広範囲に薄いシミやソバカスが広がっている場合には、まずクリーム状のものを伸ばしてから、その中で特に目立つものをピンポイントで消して行くときれいに仕上がります。また、リキッドやクリーム状のファンデーションの場合には、コンシーラーを塗った後にフェイスパウダーをはたくと、自然な仕上がりで、化粧崩れも防ぐことができます。
ベースメイクを自然に、でも気になる所をしっかりカバーして仕上げるのに、コンシーラーは不可欠と言っていいでしょう。もちろんシミ以外に、たとえばクマやニキビ跡にも利用することができます。この場合にはクリーム状のものがお勧めです。

メンズの視線が気になるシミ?消すために奔走。

女はある程度年が行くと、自分のお顔も同性のお顔も気になってくるもの。作りもそうだが、それ以上に顔面の衰えの変化にとても敏感。同性の目よりやはり、異性(メンズ)の目が特に気になる。だから、とにかくにっくきシミを・・・退治したいと思っている。美人の友人は、顔にほくろやシミがあるが、「色々やったけど、もう諦めたわ~。何もしないことにした!」と言いつつ、メンズの前ではきっちりシミの上にコンシーラーを塗って消す。かくいう私も自分自身のそれを鏡で眺めながら、「ああ・・あの時期に日焼け度目を怠ったからだわ・・きっとビタミンCも足りなかった成れの果てなのね。」と原因を突き止めてみたり、インターネットで美容外科のホームページを見て、シミを消すコースのページに何時間もかじりつくことがある。「シミ情報」には敏感なものだから、「体のシミは全部取ってもらっています。」と告白している芸能人の治療費を想像してみたり、インターネットでハイドロキシノン配合のクリームを購入してみたり、エステの体験に行ってみたり、試みてはいるのだがもちろん生半可な結果しか得られていない。近頃は皮膚科でも、「ハイドロキシノンを使った治療をしています。」というポスターを貼ってあったりするが、これもまた気はずかしい気がしてなにもせずじまいだ。多分、シミが気になっても私のように行動をそれほど起こしていないという人がほとんどなのかもしれません。

皮膚科でのシミを消す方法とは

現在、紫外線や年齢を重ねるごとに生じるシミについて、多くの女性が悩みを抱えています。シミは化粧水で予防や改善が出来る場合はあります。しかし、シミの状態によって、化粧水では改善できない場合も生じてきます。その為、早めの段階で皮膚科を受診して除去して貰う事が効果的です。皮膚科では、医師が患者1人1人の皮膚とシミの状態を確認した後、シミを消す方法を考えていきます。現在、どこの皮膚科でもレーザー治療をはじめ、内用・外用薬投与、ケミカルピーリングなど様々な方法でシミを消す方法があります。患者に応じて治療方法も異なってきます。早くシミを消したいという事で、レーザー治療を選択する方も多いですが、即効性はなく、定期的に皮膚科を受診する必要があります。そしてレーザー照射後皮膚が再生するのに数週間から数ヶ月かかることもあります。より効果を上げるにはレーザー治療と内用薬や外用薬と併用する方が良いと言われています。外用薬としてはレチノイン酸やハイドロキノンを塗布される事が多く、医師に従いながら一日に使用する回数を守って利用する事が大切になります。このようにレーザー治療を多くの患者が受ける事が多いですが、一般に老人性色素斑やそばかすにはレーザー治療が効果的だといわれています。また、治療方法によっても金額も変わってきます。医師と金額や治療内容を相談しながら皮膚科に通院していく事が今後も必要不可欠であると考えられます。

肌の刺激を少なくシミを消す方法

肌にできてしまうシミの原因は体内でつくられるメラニン色素です。このメラニン色素が作られる原因は、強い紫外線や肌に与えられた刺激に対する防衛反応として造られるのです。そして、シミを消すためには、それぞれのシミのでき方によって適した方法があります。
目の下からこめかみ、頬にかけてできる女性特有のシミがあります。20代~50代のそれぞれの年代にまんべんなく見られることが多く、これは紫外線による日焼けだけではなく、女性ホルモンのつくられるバランスの乱れから来るものであると考えられています。これらを消すための方法としては、コスメシューティカルや皮膚科で処方される薬など、ハイドロキノンやレチノイン酸などの美白用の薬剤を用法を守り使っていくことが有効です。
一方、紫外線によってつくられるシミもあります。このシミは紫外線のUV-Bを浴びることによって細胞が傷つけられることでメラニン色素を肌が生成することによってできるものです。これを消すための方法としては、レーザーが効果的です。同じ種類のレーザーでを用いたとしても、照射する出力によって肌に及ぼす効果は異なってきますので、自分の肌に出ているシミの状況を踏まえた上で、医師と相談して選びましょう。照射時間が長いタイプのレーザーは肌の表面におだやかに働きかけたいとき、照射時間が短くパワーが強いタイプのレーザーは肌の奥深くにまで作用し、その周囲にはほぼ影響しない、などの違いがあります。

服や髪のカラーでシミを消すことが可能

人にはそれぞれ、自分を良く見せるカラーがあります。
似合う似合わないではなく、顔色が良く見えるかや印象がぼやけないかなどで判断します。
この自分を良く見せるカラーのことをパーソナルカラーと言います。
このパーソナルカラーを把握しておくとかなり便利で、自分の印象を変えることができます。
それはファッションにもつながりますし、美容面にも作用します。
ファッションはなぜ繋がるかはわかりやすいですが、なぜ美容面にも良い効果があるのかはイメージしにくいと思います。
それは、自分を良く見せるカラーを取り入れると、顔色をアップさせる効果があります。
そうすると肌のくすみやシミを視界から消す効果、目立たなくする効果を発揮します。
そのカラーを取り入れるのは、できるだけ顔に近い部分が良いです。
そうすると上の服であったり、髪の毛であったり、アクセサリーであったりします。
髪色は継続するのは難しいですが、服なら色は固定されていますし、同じ色で身でもイメージの違ったテイストを演出できるのでマンネリ化しにくいです。
しかし、自分のカラーが取り入れにくいカラーの場合は、髪の毛にオレンジを含ませてみましょう。
オレンジはくすみやシミを消す効果、目立たなくする効果があります。
オレンジにも種類がありますので、調節してあった色味を探しましょう。
逆に反対の色味を取り入れていると、シミやくすみを目立たせたり、顔色が悪く見えたりします。
色ひとつで、深く悩みがちなシミやくすみをましにできるならお得ですよね。

皮膚科でシミを消す為の費用とは

現在、多くの女性が長年の紫外線の照射によるシミに対する悩みを抱えています。市販の化粧水やクリームで予防や改善も出来ますが、早い段階で皮膚科での治療を行う事が一番効果的となります。どの皮膚科でもシミを消す方法として、レーザー治療をはじめ、ピーリングやビタミンCイオン導入、内用薬と外用薬での治療を行う事が出来ます。患者一人一人の皮膚とシミの状態を確認した後に治療方法を提示してきます。シミを消す為の費用はどの皮膚科でも保険適応外が多いので費用は高くつきます。レーザー治療では一ヶ所につき約3000円前後かかります。レーザー治療は1回では改善されませんので、2週間に1度の治療を行う必要性があります。他にもビタミンCイオン導入治療では全5回の治療で3万以上かかり、こちらも2週間に1度定期的に受診することになります。またピーリングの費用が一番高く1回10万前後で計10回の通院で完治します。しかし、皮膚科で行う治療法の中で一番効果が得られると言うことで、シミに本当に悩む方はピーリング治療を行う方も最近では増えてきています。またこれらの治療方法とは別に、初診料やカウンセリング料や内用薬と外用薬が付いていての費用になりますので、それを考えると悩まれる女性からしたら安いと考える方も少なくないと考えられます。今後も通院を行いながら内用薬と外用薬も併用して完治を目指していく必要性があります。そして治療後は紫外線を浴びることは完全に注意をして生活を行う必要があるので、日常生活でも自らケアを行いながら生活を送っていくことが大切になります。

シミを消すのに優れているハイチオールについて

ハイチオールは第三類に分類される医薬品の一つで、テレビ、雑誌、新聞等でも盛んに宣伝されています。シミ・そばかすを始め、ニキビや肌荒れ等のトラブルにも効果があるということで話題にもなっています。

ハイチオールが肌のトラブルに優れている理由としては、L-システインというアミノ酸の一つが含まれていて、肌の色の原因となるメラニンに対して働きかけを行うからです。具体的にはビタミンCと結びつき、メラニンの過剰報反応を抑制したり、肌に沈着している黒色のメラニンを消す働きがあったり、過剰なメラニンを排出させる働きでシミを消すためです。

つまり、L-システインの作用で「抑制」「消す」「排出」という働きを肌の周期に合せて促すことで、その効果が実感できることとなります。肌の周期には、基底層の真皮の部分で新しい細胞が生成され、徐々に下から上へ上へと表面の肌を押し上げていき、角質部分の不要となる肌が垢となって排出され、新しい角質が産まれて来るメカニズムになっています。

シミ・そばかす・肌荒れ・ニキビ等では、肌の代謝機能が失われているため新しい角質が産まれてこないわけです。そのため、ハイチオールに含まれる先のL-システインが肌代謝を活発化させて、角質を蘇させる働きもある訳です。

このように、ハイチオールにはメラニンにも作用することや肌の代謝機能を内側から高めることが可能で、シミを消すことや肌トラブルの解消は勿論、美白効果まで優れていることため、多くの人に愛用されている医薬品となっています。

シミを消すためのハイドロキノンの効果

シミを消すために用いられるのは、まずは塗り薬からです。そしてその中でも効果が高くよく処方されるのが、レチノイン酸とハイドロキノンを配合した外用薬です。
レチノイン酸とハイドロキノンは互いに働きを促進し合って、レチノイン酸が細胞の角質を薄くし、ハイドロキノンがシミを発生させるメラニン色素をぬぐい去ってくれるという働きをします。レチノイン酸を先に肌に塗って肌の角質を薄くしてからハイドロキノンを塗った方が肌に対する浸透力が活性化するため、シミを消す美白効果を高めることができます。この処方を他のシミを消すための方法、たとえばレーザー治療やケミカルピーリングなどと併用することによって、より効果を高めることができるのです。
レチノイン酸は表皮細胞のターンオーバーを促進し、古くなった角質を剝がすために、ハイドロキノンの浸透を促進し、美白効果を高めてくれる働きをします。レチノイン酸は強い漂白作用を持っており、たいていのシミを落としてくれます。
その反面として注意するべきこともあります。そもそもシミの原因となるメラニンは肌の内部構造を紫外線から守るためのバリアーとしての働きをもっているため、これらの薬を使用している最中には紫外線を浴びないように注意する必要があります。そのためには、サンバイザーを装備したり、日傘を使ったり、長袖を着るなどの対処が必要です。また前述のとおり、強い美白作用をもっている成分ですので、使用上の注意をよく読み、容量を守って使うのが大切です。